2008年07月28日

青函圏広域観光ルート意見交換会の話

アスパム035.JPG080710三内丸谷m.JPG080726志功.JPGナッチャンワールド.JPGこんにちは、藤本恭子です。

日記、ご無沙汰いたしました。
結構忙しく働いておりました。わーい(嬉しい顔)

早いもので、間もなく8月。「みなと祭り」が始まりますね。

ところで、7月10日11日の両日、「青函圏広域観光ルート意見交換会」に参加し青森に行ってまいりました。

久しぶりの青森・・・・、前に行ったのははいつだたかなぁ。
と思うほど久しぶりでした。

往路は、「東日本フェリーナッチャンRera」でわずか2時間で青森に到着。途中「ナッチャンRera World」とすれ違いましたが、あっという間。いやはや早いですわ。船

今回は、青森と函館とを広域観光圏と考えて、いろいろな取り組みを考えてみましょうという内容の意見交換会でした。

青森のフェリー乗り場に到着後バスで、早速青森が生んだ世界に誇る板画家・「棟方志功記念館」へ。こちらは昭和50年に開館したところ。
初めて棟方志功の作品をじっくり拝見し、感激いたしました。目

午後からは、「八甲田山雪中行軍遭難資料館」へ。明治35年緊迫する日ロ関係を背景に雪中八戸平野に侵入した敵を想定し、青森から八甲田山を越えて三本木へ進軍できるか否かの調査のための雪中行軍で、一泊行軍の予定が悪天候のため総勢210名の隊員のうち199名の犠牲者を出す大惨事となったもの。

これらが詳しく紹介されています。映画でみて知ってはいたものの当時の装備などの展示を見ながら、思いをはせました。

その後「縄文時遊館」三内丸山遺跡へ。ボランティアの方の説明にじっくり耳を傾けながら、縄文の風を感じてきました。

1日で充分観光ができました。
函館からフェリーでわずか2時間の青森・・・。

ぜひ皆さんも青森観光を楽しんではいかがでしょうか?

ちなみにご多分にもれず、藤本もアスパムで観光土産をたっぷり購入してまいりました。わーい(嬉しい顔)がく〜(落胆した顔)正直・・・買いすぎでした。


posted by Kyoko at 14:50| Comment(0) | kyoko | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。